地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、伊奈町の地域情報サイト「いなナビ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

伊奈町の地域情報サイト「いなナビ」

住宅用火災警報器アンケート調査結果

住宅用火災警報器アンケート調査結果

 この調査は平成20年6月1日からすべての住宅に住宅用火災警報器の設置が義務化【寝室・階段(2階以上の階に寝室がある場合)】されたことに伴い、住宅用火災警報器の設置状況を把握して、今後の住宅防火対策に活かすために実施したものです。今回は12回目の調査となります。調査対象139人のうち、103人の方から回答をいただきました。ご協力ありがとうございました。調査結果は次のとおりです。

調査期間 令和3年5月6日~5月20日

調査対象 住民基本台帳から無作為抽出で選定した町内在住139人(世帯)

アンケート結果(回答103件中)

問1 あなたのお住まいは、次のどれに該当しますか。

(1)戸建 81件 (2)共同住宅(賃貸) 12件 (3)共同住宅(持家) 10件

問2 住宅用火災警報器を設置していますか。

(1)設置している(一部設置含む) 74世帯(71.84%) (2)(1)のうち、義務となる場所に設置している 63世帯(61.17%) (3)設置していない(未設置) 29世帯(28.16%)

問3 設置されている住宅用火災警報器は10年を経過していますか。

(1)10年経過した 33 (2)10年経過していない(交換したため) 18 (3)10年経過していない(設置から10年未経過) 19 (4)不明 4

問4 住宅用火災警報器は、どこに取り付けていますか。 

(1)寝室 67    (2)階段 44 (3)台所 32 (4)居間 12 (5)その他 0

問5 作動確認の実施状況について 

(1)実施(最近半年以内に実施) 26 (2)実施(調査時に実施) 3 (3)未実施 35  (4)不明 10

問6 問5で実施した方の作動確認の結果 

(1)異常無し 28 (2)電池切れ・故障 1 (3)不明 0

10年を目安に機器の交換を推奨しています!

 住宅用火災警報器の電池寿命は10年程度です。調査結果からも、設置されている住宅用火災警報器の半数世帯が10年を経過しています。また、機器本体の劣化や故障なども考えられることから、10年を目安に機器の交換を推奨しております。半年に1回程度の作動確認を実施し、警報音や音声の確認ができなければ電気店やホームセンターなどでお買い求めいただき、交換をお願い致します。

今回のアンケート調査の結果を踏まえ、住宅用火災警報器の設置推進・維持管理につきまして広報活動を引き続き実施してまいります。