地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、伊奈町の地域情報サイト「いなナビ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

伊奈町の地域情報サイト「いなナビ」

伊奈町美術展覧会

絵画、工芸、書、写真が伊奈町総合センターに勢ぞろい!

第42回 伊奈町美術展覧会(町展)に行ってきました

年々レベルの向上が見られる作品の数々

会場となった 伊奈町総合センター
会場となった 伊奈町総合センター
第42回 伊奈町美術展覧会は、2016年10月18から10月23日まで開催され、たくさんの方が見学に訪れました。作品は、絵画、工芸、書、写真など103名、128点に及び、どれも力作揃い。審査委員長から「年々レベルの向上が見られる」と評された作品の中から、ごく一部をご紹介しましょう。

なお、特選作品の受賞者、作品名の一覧を表彰式のページに掲載していますので、あわせてご覧ください。

日本画

日本画にはバラエティに富んだ作品が集まりました。風景画、美人画、墨絵など日本の伝統的な技法で描かれた作品を堪能できます。「緻密に描きあげ、精密さを感じられる作品が多数みられる」と審査委員長が講評するとおり、見ごたえがありました。
観光協会長賞
「見沼の秋」 澤田精吾さん


飛翔する二羽の雀の目線の可愛らしさ、その下には後方に広がる稲田のスケールが感じ取れ、小品ながら力を感じさせる作品です。

洋画

洋画は最も出品数が多く、他の部門の倍以上の数の作品が広い展示スペースに並んでいます。レンブラントを彷彿させる人物画、モネを感じる風景画、あるいは写真のようなスーパーリアリズムと楽しい作品が並びました。

町長賞
「心もよう」 堀口貴以さん

若干伏し目がちの優しい表情の顔と夢のような背景が調和していました。的確なデッサン力で配置された人物、着衣もまた優しい配色が施されて全体の雰囲気を作り出しています。

文化協会長賞
「波紋」 鈴木寛美さん

スーパーリアリズムという手法を用い、水の流れと光の当たり方に注視し、明暗を巧みに描き分けています。流れの中で魚が揺らぎ泳ぐ様がリアルに表現されています。

商工会長賞
「早秋の武甲山」 永井守さん

武甲山の堂々たる山容を独特で個性的なタッチで描きあげています。秋の山里の色彩もあたたみを感じさせる良い作品です。
商工会長賞 永井守さんの作品「早秋の武甲山」(左)<br>町長賞 堀口貴以さんの作品「心もよう」(右)
商工会長賞 永井守さんの作品「早秋の武甲山」(左)
町長賞 堀口貴以さんの作品「心もよう」(右)
文化協会長賞 鈴木寛美さんの作品「波紋」
文化協会長賞 鈴木寛美さんの作品「波紋」

工芸

陶器、木製品、竹製品、布製品などのいろいろな材料、色使い、形も楽しい作品が並びました。
議長賞
「磁州窯手花文鉢」
二階堂法史さん


牡丹の花をモチーフとして、掻き落とし技法を用いて白と黒のコントラストを表現した本当に良い作品だと思います。

肉筆で文字を描く“書”は人格や感情まで表現するようで興味深い分野です。和歌や漢詩、古人の言葉などのモチーフの選択にも意味深いものがあります。額装や軸装にもいろいろな種類があり、見た目にも楽しめます。
教育長賞
「張謂詩」
岩﨑芳鶴さん


唐の詩人・張謂の詩を、流れるような筆使いで書いた作品。連綿のしなやかさの中にも、力強さを感じました。
特別賞
「謝玄暉詩之一節」
若菜夏子さん


「字数の多い作品は気持ちの維持が非常に難しく自分との闘いです。始筆から終筆まで自分の気持ちをしっかり抑えて書き込まれた素晴らしい作品」と評されての受賞。

写真

カメラが普及始めた20世紀初頭、写真は真実を写すと広告されました。間違ってはいませんが、ある一瞬の時間の切り方、見せる場所で真実は違って見えます。作者が感じた世界をカメラという機械を通して再現した写真をご覧ください。
埼玉県芸術文化祭実行委員会会長賞
「払暁の幻影」
淵崎誼顯さん


春の桜をバックにシャボン玉を飛ばしたその中に桜花を写し込んだ技法が誠に見事です。

アートに興味のある伊奈町在住、在勤、在学の皆さん、次回は応募を検討してみたらいかがでしょうか。出展は全体にシニアの方が多いようです。じっくり落ち着いて時間を活かすのには作品作りは楽しいことだと思います。何より、絵や書などのモノが自分史の成果として残ります。

伊奈町文化協会には美術、文化、芸能のいろいろな団体が所属し、皆さんの参加をお待ちしています。お気軽にお問い合わせください。
伊奈町教育委員会 生涯学習課 電話 048-721-2111 (内線2542)
第42回 伊奈町美術展覧会 (町展) ~埼玉県芸術文化祭2016協賛事業~ 開催要項
趣旨 本展覧会は広く町民の美術思想の普及と創造的表現力の開発をはかり、伊奈町の文化向上に寄与するため開催するものである。
名称 第42回 伊奈町美術展覧会 (町展)
主催 伊奈町、伊奈町教育委員会、伊奈町美術家協会
後援 伊奈町文化協会、伊奈町商工会、伊奈町観光協会
協賛 埼玉県芸術文化祭実行委員会
会期 平成28(2016)年10月18~10月23日
会場 伊奈町総合センター (埼玉県北足立郡伊奈町伊奈町小室5161)
出品種目 第一部 一般の部、第二部 小作品の部
日本画、洋画、彫刻、工芸、書、写真の6部門
応募資格 16歳以上の人で町内に在住か在勤、または在学の人あるいは町内の美術団体に所属している人。
美術家協会会員は、所属部門の第2部小作品の部には出品できません。
公式ページ 応募作品の規格・点数・出品料などの詳細はホームページをご覧ください。
伊奈町役場 (トップページ)
お問い合せ 伊奈町教育委員会 生涯学習課 電話 048-721-2111 (内線2542)