地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、伊奈町の地域情報サイト「いなナビ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

伊奈町の地域情報サイト「いなナビ」

ふるさと納税で日本を元気に!~伊奈町~

【西川ゆり園】 香りも魅力の百合の花束

伊奈町で育った百合の花は、気品のある特別な贈り物。

バラの町・伊奈町は、バラ以外の花作りも盛んな町です。
バラの町・伊奈町は、バラ以外の花作りも盛んな町です。
西川ゆり園は、今から50年近く前から百合作りを始め、東京近郊を中心とした市場に出荷しています。
日本人になじみのあるテッポウユリや、人気のあるカサブランカなどのオリエンタル系の品種など、多種多様な百合を家族で栽培し、プレゼントにも最適な花束にして、ふるさと納税の返礼品として全国に発送しています。

香りも魅力の花束に使われる、西川ゆり園の百合はこちらです。

◆テッポウユリ 白
冠婚葬祭などに使われる、日本で一番ポピュラーな百合。
◆カサブランカ 白
大きくて豪華な花、香りのよい人気の品種(オリエンタル系)。
◆マルコポーロ 薄いピンク
花びらのフリルが愛らしいオリエンタル系の百合。
◆LAユリ 黄、ピンク、オレンジ
ロンギフローラム系(L)とアジアティック系(A)との交配種。
◆シベリア 白
カサブランカよりやや小さい、爽やかなオリエンタル系の百合。
ソルボンヌ 濃いピンク
華やかさの中に優しさがあるオリエンタル系の百合。
マーロン 淡いピンク
ソルボンヌよりひとまわり大きい、優雅なオリエンタル系の百合。

※花束の品種、内容は季節によって異なります。

冠婚葬祭にピッタリの清楚な百合の花。

結婚式のブーケや花束、法事のお供えなど、冠婚葬祭によく用いられる百合の花。
ヨーロッパでは、最も古くから栽培された花のひとつと言われ、日本でも万葉集に登場しているほど歴史とも深く関わっています。
日本で自生している百合は、テッポウユリ、ヤマユリなど、15種類ほどあり、日本に自生しているものを品種改良して作ったより華やかな百合を「オリエンタルハイブリッド(オリエンタル系)」と呼んでいます。
オリエンタル系の代表、カサブランカは水揚げがいいので、結婚式場などの飾りつけに使われ、花嫁さんのブーケとしても人気です。

いい土壌作りがきれいな百合を育てます。

百合の栽培で一番大事なのは土壌作りです。
夏は水をはって土壌消毒を行い、栽培に適した土を保っていきます。
大きな百合のつぼみは重たいので、倒れないようにネットを使って補強します。
毎日、手間暇をかけた分、きれいな百合が育ち、つぼみの状態で採取され、、伊奈町の西川ゆり園から出荷されていきます。

芳醇な花の香りも楽しんでください。

大切に育てた百合の花束を手に、西川慶一さんと奥様。
大切に育てた百合の花束を手に、西川慶一さんと奥様。
ご家族二代で百合を栽培している西川ゆり園の西川慶一さんにお話しを伺いました。

◆百合を栽培するようになったのはいつからですか?

「私の代から始めたので、今から50年近く前から。叔父に勧められたのがきっかけです。最初は鉢植えの百合を棚で育てていましたが、たくさん花を採取できる土耕栽培に切り替えました。少しずつビニールハウスを増やし、今では11棟のハウスで様々な種類の百合を栽培しています」

◆百合の花の魅力を教えてください。

「見た目の華やかさに加えて、他の花にはない芳醇な香りがします。特にカサブランカは、とてもいい香りがするので人気がありますよ」

◆やりがいはどんなところですか?

「やはり、お客さんに喜んでもらえることです。うちは7割が出荷で、3割が直販なのですが、口利きで遠方の方も百合を買いにいらっしゃいます。発表会やお歳暮の花束など、用途は様々ですね。みなさんに喜んでもらえるように妻が丁寧にラッピングしていますので、ふるさと納税の返礼品も楽しみにしていてください」

◆お礼の品◆

香りも魅力の百合の花束A
香りも魅力の百合の花束B(オリエンタル系の百合入り)
発送方法 ダンボール1箱に百合の花束(つぼみの状態)を箱詰めして発送します。
百合の本数は7本前後で、Bはオリエンタル系の百合が入ります。
保存方法 箱から出して水を入れた花瓶に移してください。
常温の涼しい場所で、こまめに水をかえると長持ちします。
日持ち 冬季は1ヶ月間、夏季は短く2週間弱です。
つぼみの状態から開花するまでお楽しみください。
【提供:西川ゆり園
埼玉県北足立郡伊奈町小室9876
TEL.048-721-1035