地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、伊奈町の地域情報サイト「いなナビ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

伊奈町の地域情報サイト「いなナビ」

伊奈町ロケ地情報

伊奈氏屋敷跡

道の両側が竹林で、その奥に頭殿社が見える。

施設紹介

 

  伊奈町大字小室字丸の内地内にある、江戸時代初期に活躍した代官頭、伊奈備前守忠次の屋敷跡です。中世に作られたとされ、1590年に徳川家康の江戸入府に際し、伊奈忠次がこの地を与えられ、拠点としました。伊奈忠次は、関東一円の天領の検地・治水工事・新田開発、中山道・東海道の宿駅の整備などを行い、大きな功績を挙げました。
 伊奈氏屋敷跡には、土塁や堀が良好な状態で残っており、現代の生活からは離れ、江戸時代に戻ったかのような空間もあります。

受入れ体制

 

 

撮影可能日時

ほとんどが民有地のため利用については要相談

 

施設情報

駐車場 なし  
控室 なし
施設使用料 なし

施設案内

 

所在地 埼玉県北足立郡伊奈町小室282-1
アクセス ニューシャトル丸山駅より徒歩約5分
お問い合わせ

伊奈町 秘書広報課 広報係

電話: 048-721-2111(内線2211,2213)

関連ページ

いなナビ「伊奈氏屋敷跡 〈伊奈町の名前の由来となった伊奈忠次が築いた屋敷跡〉」

いなナビ「埼玉県指定記念物(史跡) 伊奈氏屋敷跡」

 

ロケーション紹介

竹林の中を通るような道、山地の古い街道のイメージが漂う。

伊奈氏屋敷跡の土塁の上にある頭殿社 その周囲は数百年前の地形が残る。

頭殿社の奥 堀底が山道のようになっている。

古い田畑の雰囲気がのこる頭殿社周辺の田園風景。