地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、伊奈町の地域情報サイト「いなナビ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

伊奈町の地域情報サイト「いなナビ」

伊奈町「まちかどライター」がゆく!

90年代に話題になった

引退が迫る新幹線の人気者「MAX」を伊奈町内でお手軽に撮影できるスポットを紹介します。

東北・上越新幹線で見られた2階建ての新幹線こと、「MAX(マックス)」を耳にしたことのある人は勿論、町内でニューシャトルの駅などから見たことのある方も多いはずです。

 

1994年に登場した全車2階建て新幹線のMAXは話題になり、大人から子供まで人気を博しました。

 

そんな2階建て新幹線MAXが、2020年度内に引退することを知り町内で撮影できるところを2つ紹介させていただきます。

 

※2階建て新幹線E4系MAXは、2018年3月現在上越新幹線のみで運転されています。

伊奈氏屋敷跡から 青空を入れて撮影

伊奈氏屋敷跡付近の新幹線の高架線は、柵が他の高架線よりやや低めになっており、二階建て新幹線E4系MAXは巨体ゆえに車両をよく見ることが出来ます。

新幹線を地上から撮影できる場所自体貴重なポイントと言えます。

また、伊奈氏屋敷跡はニューシャトル丸山駅からも徒歩で行ける距離ですので、鉄道ファンの方にも気軽にアクセスして頂ける場所だと思います。晴れた日の午前中は、写真のように車両全体に日が当たり順光になります。特に冬の青空の日は高速で駆け抜けていく新幹線とのコラボレーションは綺麗です。

羽貫駅のホームから 中望遠で撮影。

こちらは、ニューシャトルの羽貫駅の内宿寄りのホームから撮影したものです。

こちらでは高速で走り去る新幹線を、新幹線の線路と同じ高さから見ることが出来ます。

恐らく町内の駅の中で最もよく見える場所ではないでしょうか。

 

しかし、あまりに新幹線が速いため撮影するのも非常に難しいです。

 

羽貫駅ですと、バラ公園も近いので観光ついでに見れたらいいですね。

 

【注意】ホーム上の為、ほかの乗客や、後方からやってくるニューシャトルの運行の妨げになってしまうような危険な撮影はやめましょうマナーを守って安全に撮影しましょう。

2階建新幹線が見られるのは2020年度まで

轟音を立てて高速で駆け抜ける2階建て新幹線。

ニューシャトルのホームから見たその姿は、「走る壁」のよう。

今まで、特に気にかけたことのなかった方も、これから少しだけ、90年代に一世を風靡した2階建て新幹線を気にしてみてはいかがでしょうか。

 

 

                              all photos & written byまちかどライターFJN