地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、伊奈町の地域情報サイト「いなナビ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

伊奈町の地域情報サイト「いなナビ」

伊奈町「まちかどライター」がゆく!

ニューシャトル「2017丸山車両基地まつり」!!

年に一度、埼玉県民の日の前後に開催される、車両基地のイベントに行ってきました。

毎年11月の恒例イベントです!!

11月12日に、ニューシャトルの丸山車両基地の一般公開イベントに参加しました。普段は見られない車庫の様子に大賑わいでした。

建物の中に入ると宙に浮いた2000系が出迎えてくれました。

伊奈ローズちゃんが来ていました!!

引退した1000系車両の部品販売も行われていました。こちらもファンで大盛況!!

鉄道模型のコーナーも。

ニューシャトルの模型は現在ペーパークラフトしかなく、大変珍しいものを見ることが出来ました。

安全運行に欠かせない設備

丸山車両基地には、大宮駅から内宿駅までの全ての駅や列車の運行の安全を確認するための「指令室」があり、この日ももちろん普段の様子をそのまま見ることが出来ました。画面のモニターで、駅の様子をリアルタイムで見ることが出来るようになっています。

こちらは、「自動起床装置」です。

泊まり込み勤務の際に、ベッドの下にある紺色のものが、起きる時間になると膨らみます。実際にイベントで体験することが出来ました。

実際に列車に乗って、「洗浄体験の乗車コーナー」もあり、水色の1050系が走っていました。

外から水とブラシで自動で洗われます。外から見ても迫力のある光景ですが、実際に乗車し車内から見るのは、なかなか出来ないので一度体験乗車してみる価値ありです!

最後の1000系の特別展示も

2016年に引退した1000系の特別展示がありました。この最後の1000系は今年度中に廃車になることが決まり今回が最後の展示だそうです。丸山で見られなくなるのは残念ですが、今後、またどこかで再会出来たらいいですね。

久しぶりに見ることの出来た、黄色と黄緑の懐かしいカラーリングです。

1000系が最終運転ぶりに外に出で来たので、久しぶりにニューシャトルの全形式をふるさと歩道の陸橋から見ることが出来ました。

その他にも、鉄道グッズやお弁当や地元農作物や特産品などの販売もありました。また引退した1000系の運転台を使った運転体験コーナーやロボットの展示などもあり、豪華なイベントになっていました!

また来年も是非、行ってみたいイベントです。

all photos & written byまちかどライターFJN